各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

ペット業界と動物(愛護団体)

 動物愛護団体というのは、ペット業界とは全く別のものですし、動物に対する取り組み方も全然違います。また、少なくとも動物を愛し、動物の立場になって考えられていると思います。
 ただ、自分達の考えと違う行動に対しては、頭から批判したり、無理やり押し付けたりすることもあります。
例えば、動物愛好家の人の中には、お腹をすかした野良猫を可哀想に思って、定期的に、食事を与えている方達がいます。
また、中には、不妊手術をすることは、可哀想だし、しないで欲しいと考えている方もおられます。
 そんな人達に対して、意見や考えも聞かずに、頭から「無責任」とか「身勝手」などと非難している事が良く耳に入ってきます。
 愛護団体の方々としては、食事を与える事によって、人間に対する警戒心が薄れ、家の中へ入りこんで、悪さ(人間にとっての)をしたり、荒らしたりする事によって、一般の人の野良犬や野良猫に対する感情が悪くなり、そのため虐待の原因になったり、又は、栄養状態が良くなるので、順調な発情を促し、新たに、「家のない子」を作ってしまう原因になってしまうので、そのような場合は、同時に不妊手術もするべきだと考えているからだと思います。

 この考えには自分も反対ではないですが、食事を与えている人達も、不妊手術を否定している人も、愛情を持っている事も事実です。
 そんな人達に対して、指導し、導いてあげるのではなく、単に非難し、中傷しているだけの場合が多いように思います。
 このような近視眼的な見方しか出来ない、一部の過激な宗教団体のような愛護団体もよく見うけられます。
そのために、一般の人からは、「動物愛護」というと、「特別な人だけが、している事で、普通の庶民には敷居が高すぎて無理だ。」と言う考えがよく聞かれます。

 そんな事は、ないはずです。動物の命を大切にする事は誰でもできる事です。
ガリガリに痩せた野良犬や野良猫をみて、「お腹をすかして可哀想、何か食べさせてあげたい」と思う気持ちが動物愛護の第1歩だと思います。
 そんな愛情を持っている方のお気持ちを否定するのではなく、人間の都合によって、不幸な生涯を送る事になった動物達を助けてあげるように、又、これ以上増やさないように指導し、導いてあげる事も、難しい事ですが大切な事だと思います。

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

↑ PAGE TOP