各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

避妊・去勢手術(遺伝性疾患)

 今、ペットの中でも特に犬の遺伝病が増えています。
純血種のブリーダーさんが好ましいと思える(犬にとってではなくて、人間にとって)部分を残していくために、また、医学的な事は考えもしないで、外観、容姿、あるいは利益の追求のために「インブリード」、「ラインブリード」といった近親交配を重ねた結果、生物学的に問題のある遺伝子が受け継がれて、「犬種病」というような病気が生まれ、その数は、今もどんどん増えています。

 また、その遺伝病が劣性遺伝の場合は、全く症状を表さなくても、遺伝子の組み合せによって、その子孫に病気が発症します。
そのため、繁殖をする時には、厳しくチェックして、子孫に病気の遺伝子が伝わらないようにしなくてはなりません。

 本来は、繁殖を専門にして、尚且つ遺伝病に精通した人のみが交配繁殖を行なうべきです。
プロのブリーダーさんでも、遺伝病についての知識を持っている人は少なく、また、難しい問題です。
 それなのに、一般の人が、純血種、雑種にかかわらず、繁殖させるのは、とても高い確率で、遺伝病が子孫に受け継がれてしまいます。
 けっして、障害を持ったペット達を否定しているのではありません。
障害を持った子も幸せに、また有意義に一生を過ごさせてあげたいと考えています。
 大切なのは、そんな子や、潜在的に遺伝病の遺伝子を持った子は決して繁殖に使ってはならないという事です。

 「かわいいから」とか、「子供を産ませてみたい」、また「産ませてあげたい」という考えは理解できないこともないですが、とても危険な事だと認識してください。

 「不妊手術はかわいそう」という意見を良く聞きますし、自分もかわいそうだと思っています。
それでも、その子の一生にとって、また、その子の子供達の一生のことを考えてあげるのなら、手術してあげる方がはるかに幸せにしてあげる事ができます。

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

↑ PAGE TOP