ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

1年で生涯を終わったマルチーズの「マー」 (2003/7/11)

 10年ほど前、自分がまだ、ペットショップに勤務していた頃、あるお客さんにマルチーズを買っていただいたのですが、体調を崩したのと、あたり構わずオシッコをしてしまうということで、引き取りました。

 それで、獣医さんで診てもらったところ、腸炎を引き起こしており、また「異所性尿管」だと分かりました。
 異所性尿管という病気は、普通は膀胱へ繋がっているはずの尿管が膀胱を通らずに直接、排尿してしまう先天性の病気のことです。
 つまり、本人(犬)が、オシッコをしたいと思うことなく、勝手に垂れ流しの状態です。
 通常は外科的に、手術で尿管を膀胱につないでやれば問題ないのですが、マルチーズの子犬でしたので、小さすぎて、最低でも6ヵ月以上経って、大人の大きさになるまでは、手術も出来ないという診断でした。

 そのため、治してあげるためには、6ヶ月間、オシッコは垂れ流しで、また、オシッコが皮膚につたって、ただれた状態になってしまうので、常に抗生物質の投与が必要で、長期間にわたっての抗生物質の投与は、耐性が出来てしまうので、薬の種類を変えていかなければいけないということでした

 安楽死させると言う意見もありましたが、反対にいえば、手間さえかけてあげれば、手術が済めば普通の生活を送れるということでしたので、自分が引き取ることにしました。

 それからは、家の中はオシッコだらけで、抗生物質が利かなくなってくると、股間が酷くただれて、マーの苦痛もかなり酷くなっていましたが、効果のある抗生物質を見つけだして、しばらくすれば、また、調子よく過ごして、ということの繰り返しで、想像以上に大変でしたが、何とか6ヶ月経って、獣医さんに手術をお願いしました。

 しかし、先天性の異常がある子なので、その時点でも体重は2㎏もなかったために、獣医さんの診立ては、手術は難しく、成功の可能性はとても低いということでした。

 それでも、思い切って手術をしなければ、ゆくゆくは、どうしようもない状態になってしまうのは分かっていたのですが、自分は、その決断が出来ずに、そのまま過ごしていました。

 やはり、というか、ついに、どんな抗生物質を使っても効果がなくなってしまい、マーの苦痛もとても大きくなってきて、安楽死させるか一か八かで手術するか、という状態にまでなってしまったので、手術に踏み切りました。

 結果は、尿管の接続自体は、大きさの割りに肉厚がしっかりしていたので、スムースに出来たらしいのですが、身体中の臓器に尿の毒素が廻っていたために、手術が済むまでの体力がなく、そのまま、死んでしまいました。

 それでもトータルすると、6ヶ月くらいは元気で調子よく、マー元来の、明るく、積極的な性格そのままに楽しく過ごすことが出来ていましたが、結局は、自分が、一番大切な場面で正しい決断が出来なかったために、マーは報われることのない大きな苦痛のあと死んでしまいました。

 最後の手術で、マーを獣医さんに渡すとき、苦痛に耐えながらも、震えながら助けを求めるような目で自分を見つめていたのが、マーの最後の姿でした。

 今、思うのは、最初に、お客さんから引き取った時点で安楽死させていれば、苦痛を知らずに済んだということと、何度も苦痛を経験したあと、体調の良かった生後8ヶ月くらいのときに思い切って手術をしてやっていれば、今でも元気にいられたのかな、ということです。

 人間は、自分の人生を自分の判断で決めることが出来ますが、犬や猫は、飼い主さんの判断で、どんな一生を送るかが決まります。

 責任は重大です。

 

前へ(夏対策) 次へ(しつけ アルファシンドローム)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 日常

犬の幸せ

犬との生活

病気

胃液

夏対策

マルチーズ

仔犬

散歩

食糞

老・障害犬(猫)

出産

時間がない

安楽死

運動制限

美容室

ペットセラピー

飼い主のマナー

ウンコ

動物の供養

災害時の備え

日本と海外の違い

問題行動の責任

食欲

熱中症

21歳と18歳

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP