ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

老犬・障害犬(猫) (2004/5/7)

 犬や猫に限らず、動物を飼育していると、どんなに大切に飼育していても、いつかは必ず、年老いて、身体の機能は衰えていきます。また、若くても、突然の事故や、遺伝的な要素で、障害をもってしまったり、慢性の重度の疾患で苦しむこともあります。

 そうなってしまうと、飼い主さんは、「思い切り走り回らせてあげたい」、「元気な若いころに戻ってほしい」などと考えたり、「あの時、こうすれば良かった」などと、不憫に思い悲しむことが多いですが、それって、冷たい言い方かもしれませんが、ある意味で、人間のエゴです。

 動物達は、「もう一度、元気な頃に戻りたい」などとは考えません。自分の今の状態をそのまま受け入れ、その中で生きていきます。
 また、死期のせまっている場合でも、死を恐れることなく、自然の出来事として受け入れます。

 飼い主さんに出来ることは、悲しんだり、不憫に思うことではなく、今の状態の、その子を愛してあげることだと思います。

 ペットを飼育している以上、どうしても避けられないことです。
大変なことや、苦労することも多いと思いますが、動物達と一緒に頑張って乗り越えてあげてください。

 

前へ(ドライフードの保存) 次へ(ガンについて)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 高齢

老・障害犬(猫)

老犬・猫との暮らし

生活習慣病

長寿食

運動制限

高齢の犬猫の食事

高齢の子

カテゴリー 日常

犬の幸せ

犬との生活

病気

胃液

夏対策

マルチーズ

仔犬

散歩

食糞

老・障害犬(猫)

出産

時間がない

安楽死

運動制限

美容室

ペットセラピー

飼い主のマナー

ウンコ

動物の供養

災害時の備え

日本と海外の違い

問題行動の責任

食欲

熱中症

21歳と18歳

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP