ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

ワクチンについて (2005/11/28)

 毎年のワクチン接種についてですが、当ショップでは、その子によっては、ワクチン接種を控えるようにアドバイスすることがあります。
それで、少し、ワクチンについての当ショップの意見を書いてみます。

 まず、ワクチンというのは、簡単に言うと、力の弱い病原菌です。
その病原菌を身体に入れることで、免疫を作り出し、以降、本当のウィルスに接触したときに、感染することなく、ウィルスを撃退できるようにするためのものです。

 よく勘違いされているようですが、ワクチン自体が、病原菌を退治するわけではありません。

 一般の獣医さんでは、ワクチンについての弊害は、ほとんどないと判断していますが、実際には、アレルギーや、ガン、等の慢性疾患の大きな原因にもなってると考えられますが、そのことについては、言われていません。
 西洋医学での副作用というのは、施したあと、すぐに悪影響が出た場合のみを言いますので、体の臓器の負担になったり、積み重なって、悪影響が出たりすることは、ワクチンの影響だとは考えません。

 ホリスティック・ケアの観点から言えば、ガンや、アレルギー、尿道結石、関節疾患などは、ワクチンの影響が大きく係わっていると考えます。
 実際に、当ショップのお客さんでは、毎年のワクチン接種を受けているワンちゃんと、受けていないワンちゃんの比率は、ほとんど同じですが、上にあげたような慢性疾患の子は、圧倒的に、ワクチン接種をしている子の方が多くなっています。

 仔犬時に免疫を作り上げるためにワクチン接種するのは必要なことだと思いますが、それ以降の接種は、必要ないどころか、悪影響の方が大きいと感じています。

 ところで、何故、ワクチン接種が必要かというと、通常は、ウィルスに接触しないで暮らすことは、ほとんど不可能に近く、例え、散歩も含めて、一切、外出していないとしても、飼い主さんが、媒介となって、ウィルスと接触する可能性もあります。
 そのため、獣医さんでは、ワクチン接種を勧めるのですが、反対に言えば、日常生活の中で、必ず、ウィルスと接触しているということです。
 仮にウィルスに対する免疫が下がっていたとしても、そのときに、動物の身体は、自分自身で、再度、免疫を作り出します。
 わざわざ、ワクチンとして、身体に取り入れなくても、自然の中でウィルスと接して、免疫を作り出しているので、ワクチン接種は、意味がないと考えても良いと思います。

 また、動物の免疫というのは、1年や2年くらいで消滅してしまうものではありません。
仮に、抗体検査の結果から、免疫抗体がなくなっていたとしても、動物の身体の中の細胞がウィルスの形を記憶していて、すぐにウィルスに対処します。
 人間の例で言えば、"はしか"などは、一度かかれば、免疫が出来るので、通常は一生、感染しないと言われています。

1年ごとの接種には、何の科学的な根拠も、症例もありません。便宜上、決めているだけのことです。

 自分の家にも、10歳以上の犬も含めて、3頭いますが、仔犬時以外には、一切ワクチン接種をしていません。
今までに何度か、パルボウィルスに感染した仔犬を預かったことがあり、そのときには、家の犬たちとも普通に接触していましたが、全く、ウィルス感染はしていません。

 それでも、絶対にウィルス感染をしないという保障があるわけでもありませんし、また、毎年のワクチン接種をしていたとしても、ウィルス感染しないということもありません。
 当ショップの考えとしては、仔犬時以降のワクチン接種は、必要ないと考えています。
少なくとも、ガンや、アレルギー、尿道結石、関節疾患などのような病気の子には、止めて欲しいと思っています。

 以上が、当ショップの考えですが、施設によっては、ワクチン接種を利用の条件としているところもありますし、最終的には、飼い主さんが、色々な面も、よく考えて判断してあげてください。

 

前へ(時間がない) 次へ(避妊・去勢手術の悪影響)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 獣医さん

病気

ワクチン

フィラリア予防

狂犬病ワクチン

処方食

獣医さん

セカンドオピニオン

ワクチン②

不妊手術と獣医さん

PH値

ステロイド剤

PHコントロール

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP