ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

人と犬・猫 (2007/9/30)

 犬や猫の去勢・不妊手術に反対している人の中で、特に、犬や猫の専門家の人に多い意見で、
「あなたは、子宮癌にならないために、また、生理期間中の不快感(ストレス)をなくすために、不妊手術をしますか?」
「あなたは、前立腺肥大や癌の予防として、また、あなたの激しい気性を抑えるために、去勢手術をしますか?」
「人間の場合は、生殖器に伴う様々な病気や癌の予防のために、去勢・不妊手術はしないのに、何故、犬や猫には簡単に手術するのですか?」

 などという意見があります。
去勢・不妊手術に関しては、色々な考え方がありますので、どの考えが正しいということはないと思いますが、それでも、上記のような意見はどうでしょうか。

 首輪・リードをつけて、自由に走り回れないような外出、室内または犬舎の中で過ごし、自由に出て行くこともできず、食べ物も自分の好みではなく、与えられた物だけを食べ、恋も自由に出来ずに、飼い主さんの留守の間は、ただ、ジッと待っていなければいけない生活。
 我慢できる人はいるでしょうか。
犬や猫を飼うということは、こういうことを犬・猫に強いた上で成り立っていることです。

 人間なら、絶対に我慢できないような環境でも、犬・猫という動物は、ある程度は受け入れて生きていく能力を持っていますので、ペットとして、また、家族として、人間と一緒に生活できています。
事実、そんな犬や猫の表情を見てください。耐え苦しんでいるような表情の子がいるでしょうか?

 自由に行動して、食事も自分の好きな時に好きな物を食べて、自由に恋して、ドンドン仔犬・仔猫を産んで、好き勝手に生活している犬・猫。
野良犬・野良猫の生活でしょうか・・・。

 場合にもよりますが、何もかも、人間に当てはめて考えることには、無理があると思います。
生活習慣の全く違う種族が同じ環境で生活しているのですから、人間社会の中の犬、人間社会の中の猫、という考え方が必要です。

 「だから、不妊・去勢手術が必要だ」、と言っているわけではありません。
何もかも、人間に当てはめて考えるのは、おかしいということです。

 どうすれば正しいのか、絶対的な答えはありません。
 正しい答えがあるとすれば、それは、飼い主さんの判断です。
そのワンちゃん・ネコちゃんのことを一番理解していて、一番愛している飼い主さんの判断こそが正しい答えだと言えると思います。

 去勢・不妊手術に限らず、判断に迷っている時は、偏った意見に惑わされずに、判断してあげてください。

 

前へ(健康としつけ) 次へ(長寿食)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 避妊・去勢と繁殖

繁殖

去勢手術

出産

悪影響

人と犬猫

素人の繁殖①

素人の繁殖②

素人の繁殖③

手術と獣医さん

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP