ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

動物取扱責任者研修会 (2009/3/8)

 先日、和歌山県の動物取扱責任者研修会がありました。
この研修会は、ペット業界の経営のための研修ではなく、新しい動物愛護法によって指定された動物愛護としての研修です。
 ペットショップに限らず、ブリーダーや動物園など、動物を取り扱っている業者が必ず毎年受講することが義務付けられています。

 今回は、白浜のアドベンチャーワールドの動物の飼育・衛生管理などの話が中心で、その中で、「安楽死」のことにも触れていました。

 質問受付のとき、ひとりの業者の男性から、「うちに居る多くの犬達が年老いて弱っていくのが可哀そうなので、安楽死の方法を教えて欲しい」と質問がありました。

 担当の人 「獣医さんに相談してください」
 男性 「獣医がしてくれないから聞いてるんや。安楽死してくれる獣医を紹介してくれ」
 担当の人「・・・・・」

 担当の人は、返事のしようもなく、困っておられました。
するとその業者の男性は「こんな研修、何の意味もない」と、かなりご立腹の様子でした。

 本当に飼育している犬を安楽死させることを考えているのでしょうか、また、その男性の犬達はどんな扱いをされているのでしょうか。

 その後、保健所からそのことについて書面で回答が届きました。
下記、そのまま掲載します。

 安楽死は、動物の生命を助けることのできない場合、また延命処置は可能でも動物に苦痛を与えることが動物にとって好ましくないと判断された場合等の最終手段としての処置です。
 飼養の基本は、終生飼養となりますが、飼養が困難となったときは新たな飼い主を探すなど、法律に示された適正な飼養と管理方法について必要な説明と理解をして頂くよう法で定めており、命の大切さを訴えていただきますよう併せてお願いします。
 なお、このことについては、「動物の愛護及び管理に関する法律」第2条、第7条、第8条に示されていますことを申し添えます。

 そのとおりだと思います。ただ、出来れば、その時、その場所で指摘して欲しかったです。

 全ての業者がそうではありませんが、ペット業界の中では、愛情をかけることや、優しく扱うことを、「考えが甘い」と言われることが多く、動物に感情を入れずに、普通の物や商品と同じように割り切って扱うことが、ペット業界でのプロという認識があることも事実です。

 確かに、利益を上げ、経営を維持していくということから言えば、利益に繋がらない行為は経営者としては甘いのかもしれません。
それでも、当ショップも含めて、命のある物を扱う立場にある人間は、販売技術、利益追求などの前に、まずは、飼育・習性の専門知識を持ち、命の大切さを飼い主さんにアドバイスできるような、また、何よりも動物に愛情を持っているプロであって欲しいと思います。

 どんなに動物愛護と掲げていても、現状のペット業界では、根底から意識を変えていかないと何も変わらない、ということを改めて認識した研修会でした。

 

前へ(ホリスティックケア) 次へ(飼い主のマナー)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 動物愛護

動物愛護

保健所から

動物実験

動物愛護②

動物愛護③

ブリーダー破綻

動物取扱研修会

動物の保護

動物愛護管理法

日本と海外の違い

問題行動の責任

野良猫と地域猫

改正動物愛護法

野良猫への餌やり

地域猫

カテゴリー ペット業界

生命保障

ショップの子犬

ショップの子犬②

ショップの子犬③

犬種スタンダード

美容室

動物取扱研修会

スタンダード②

デザイン犬

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP