ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

犬種スタンダードについて ② (2009/3/26)

 今年になって、イギリスのKC(英国ケンネルクラブ)で多くの犬種のスタンダードの審査基準の変更がありました。

 日本も加盟していて、世界的に最も大きな畜犬団体のFCIにも大きな影響力を持っている「KC」の決定ですので、世界各国のブリーダーさんの今後の繁殖計画にも大きな補正が迫られます。

 以前にも、犬種スタンダードについて書きましたが、従来の犬種スタンダードには、生物として本来持っている進化を止めるような記述もあり、改善して欲しい部分はあると思っています。

 中でも、ダックスフンドの毛色については、今までは「珍しい」という理由だけで、遺伝的に欠点があることが分かっていながら作り出されていた毛色もありましたが、不適切で繁殖するべきではないということで、認められなくなりました。
 そのことは、ダックスフンドの正規のブリーダーさんからも支持されると思います。

 ただ、変更項目の中には、その犬種の特徴とも言える部分の改定も含まれていて、特にブルドッグの場合は、今までのブルドッグのイメージとは違ったスタンダードになっているようで、ブルドッグを愛し、ブリードし続けている人にとっては、受け入れ難い部分もあると思います。
 現に、イギリスの多くのブルドッグのブリーダーやブルドッグの犬種団体からは、大きな反発が起こっているようです。

 今回の変更は、ドッグショーで賞を取るためだけのために、その犬種の特徴を極端に誇張したような繁殖や、「珍しい」という理由だけのために、身体の機能に悪い影響が出ることは無視した繁殖などを抑制することが目的で、犬の健康を考えた対応です。
 現状のスタンダードを維持しながら、健康面でも配慮したブリーディングを心がけているブリーダーさんからすれば残念なことだと思います。
 ですが、どこかで線を引かないといけない状況になってしまったんだと思います。

 自分個人的には、ブルドッグはブルドッグに違いないですし、多少の違いがあっても、健康に長生きできるなら、その方が良いかな、と思っています。

 あと、今回の変更では、断耳や断尾については、触れられていなかったのは残念です。

 

前へ(飼い主のマナー) 次へ(ウンコ)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー ペット業界

生命保障

ショップの子犬

ショップの子犬②

ショップの子犬③

犬種スタンダード

美容室

動物取扱研修会

スタンダード②

デザイン犬

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP