ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

アレルギーについて ⑥ 肝臓機能(2010/1/15)

 アトピー性皮膚炎も含めて、アレルギーと診断されている子は、肝臓が損傷を受けているか、機能が低下していることが多いんです。
血液検査などの数値のことではなく、本来の機能としての問題のことです。

 動物にとって、身体の中の毒素を分解する働きのある肝臓は、とても大切な臓器です。
その大切な肝臓に大きな負担がかかっていたり、機能が低下していると、動物の身体は、肝臓を守るために、体内に入ってきたものに対して、過剰に反応して拒否反応を起こすようになります。
 それがアレルギー反応として、症状に現われます。

 通常は、問題なく消化できるものにまで反応するようになってしまったのが、アトピー性皮膚炎です。

 長期間に渡って皮膚の問題が解決できない子は、肝臓の機能を修復することも考えてみてください。
 そのための方法として、特に良い結果の出ているのは、ハーブの『ミルクティスル(マリアアザミ)』です。
当ショップのお客さんのワンちゃんでも、皮膚の問題で長い間苦しんでいた子もとても良い結果が出ています。

 具体的な商品では、当ショップの取扱では、『エクレクティック マリアアザミ』です。

 皮膚の問題に対してだけでなく、肝臓の数値の悪い子や、肝臓の問題があって療法食を食べている子にも有効です。

 また、特に肝臓に負担のある物(化学物質、薬、ワクチンなど)を体内に入れないことと、腸内環境を整えることも、肝臓の保護につながりますので、『おから』や、『納豆』、『豆腐』などの発酵食品も、食事と一緒に食べさせてあげてください。

 皮膚の問題に関しては、色々な要因があり、治癒に向けてのアプローチも色々ありますが、どうしても改善できない時には、『肝臓の保護と修復』が有効な場合も多いです。

 

前へ(素人の繁殖) 次へ(フードの効能)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー アレルギー

アレルギー

フード

必須脂肪酸

原因

生活習慣病

肝臓機能

ステロイド剤

アトピー性皮膚炎

フィラリア予防薬

リノール酸

指間皮膚炎

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP