各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

災害時の備え (2011/2/14)

 日本という国は、大地震や火山噴火、また、台風や水害などの自然災害にあうことは充分に可能性があります。
事実、東南海地震は、必ず大きな規模で起こると言われています。
 日本に住んでいる以上、災害が起こった時の緊急非難の対策を用意することが必要です。

 災害にあったときに最も重要なことは、ワンちゃんネコちゃんも一緒に非難することです。
避難場所に動物を連れて行って良いのかどうかは考える必要はありません。
 まずは一緒に連れて行くことが最優先です。
数日のうちには必ず受け入れ態勢が整うはずです。

 もし、家に残して逃げた場合は、状況によっては立ち入り禁止になってしまうこともあり、その場合は後で助けにいくことも出来ません。

 また、緊急時に非難出来るようにするには、普段からキチンとしたしつけや健康管理がとても重要になってきます。

 他の犬や猫と集合状態になることが多いので、不妊・去勢手術をしておくことも必要ですし、動物の集団生活の中でもパニックを起こさないように、また、ケージの中でも過ごせるようにすることも必要です。

 特に重要なことは、しつけです。
災害の時にはそれ自体への恐怖心や環境の変化、飼い主さんと一緒にいられないことなどから、普段とは全く違った心理状態になります。
 そのことも想定した上で、必要以上に飼い主さんに依存しない子に育てることも心がけてください。

 また、多頭飼いの場合は、全ての子を安全に非難させるのも難しくなります。
もし何かが起こった時に全ての子に対して緊急対策ができないのなら、今飼っているのは頭数は多すぎるということです。

 緊急時でも充分に対策ができることも飼い主としての重要な役割です。

 

前へ(てんかん・痙攣発作) 次へ(動物愛護管理法)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 日常

犬の幸せ

犬との生活

病気

胃液

夏対策

マルチーズ

仔犬

散歩

食糞

老・障害犬(猫)

出産

時間がない

安楽死

運動制限

美容室

ペットセラピー

飼い主のマナー

ウンコ

動物の供養

災害時の備え

日本と海外の違い

問題行動の責任

食欲

熱中症

21歳と18歳

食欲について②

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

HAC和歌山
QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日
  第2木曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

↑ PAGE TOP