ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

健康診断 (2011/6/3)

 当ショップのお客さんでも定期的な健康診断を受けているワンちゃん・ネコちゃんは多いです。

 色々な病気がありますが、症状が出た時点で手遅れのことがあるのは、ガンの場合だけですので、健康診断を受けるのなら、ガンに的を絞って受けるのが良いと思います。

 最近では、人間の血液検査のガン検診を動物にも使えるようになっているようですし、完全ではありませんが、ある程度の目安にはなると思います。

 今までは、ガンに対しての検査はほとんどされていなかったために、実際に、健康診断を受けて、特に異常がなかった子が、そのすぐ後に悪性腫瘍が出来ていることに気付いたケースも少なくないようです。
 何のための健康診断だったんでしょうか。

 それと、不思議なことは、これは、飼い主さんにも獣医さんにも言えることですが、血液検査をして、単純にひとつだけの項目の数値がちょっと高いだけでも、深刻に受け止めたり、すぐに治療を始める場合が多いのに、身体のどこかに腫瘍のようなものが出来ていた場合でも、何もしないで様子を見ることが多いことです。

 ガン以外の病気では、検査の数値がどうでも症状として出ていなければ様子を見ても手遅れになることはありませんが、ガンの場合は、どんなに元気に過ごしていたとしても、様子を見ていては進行してしまうこともあります。

 デキモノがあるからといって、それが深刻なケースは、確率的には半分以下だと思いますが、検査の結果、悪い物でないのなら、それで良いですし、悪い物の場合は、すぐに治療に取り掛かる必要があります。
 デキモノだけで深刻に考える必要はないですが、自分で判断できない場合は、まずは、すぐに調べてください。

 定期的な健康診断を受けるのは、悪いこととは思いません。
 ただ、せっかく高いお金を出して検査するのですから、今後のワンちゃん・ネコちゃんの健康のために生かしてください。

 また、一番大切なことは、血液検査の数値などよりも、そのワンちゃん・ネコちゃんの普段の様子です。
 獣医さんでは気がつかないような、ちょっとした変化でも飼い主さんなら気づいてあげることは出来るはずです。

 毎日の様子を確認しながら、スキンシップを充分に取って、明るく、楽しく過ごしてください。
 定期検査などよりも遥かに重要なことです。

 

前へ(猫の慢性腎不全) 次へ(日本と海外の違い)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 悪性腫瘍

ガン

診断

健康診断

予防

プラセボ効果

対症療法

自然治癒力

抗ガン剤

抗ガン剤と絶食

ケトン食療法

食事療法

脳腫瘍

骨肉腫

カテゴリー 健康

散歩

絶食

健康としつけ

生活習慣病

長寿食

ホリスティック

健康診断

プラセボ効果

対症療法

自然治癒力

放射能汚染

コレステロール

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP