ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

日本と海外の違い (2011/6/6)

 日本と、ドイツやスイス、オーストラリア、イギリスなどとの犬に対する扱いの違い、ご存知でしょうか。

 日本では、未だに年間20万匹以上の犬や猫が当たり前のように殺処分されていますが、上記の先進諸外国の根本にあるのは、殺処分しても何も解決できない、それよりも、不妊・去勢手術を徹底するという考え方です。

 また、日本の狂犬病予防法のような法律は存在しません。
 「犬も人間も同じ生き物で、ただ、人間の方が知性が優れているというだけ」という考え方です。

 狂犬病対策にも雲泥の差があります。
 狂犬病というのは、発病すれば、死亡率がほぼ100%のとても怖い病気です。

 日本では、その予防として犬へのワクチン接種のみで予防しようとしていますが、イギリスやオーストラリアなどでは、ワクチン接種は禁止されています。

 禁止している理由は、第一が犬に対して"危険"だということです。

 また、一般の人はもちろん、行政全体でも犬に対する意識がとても高く、国としても、それぞれの犬について充分に把握できていますので、万一、狂犬病ウイルスが入ってきた場合には、ワクチン接種していない方が、即座に対応できるということもあるんです。

 もうひとつ、輸入動物に対する検疫を強化することでもウイルスの進入を防いでいます。

 狂犬病というのは怖いのは間違いないですが、必要以上に過敏になってしまうと、中国での狂犬病予防対策のような過剰な対応をしてしまったり、一般の人達が犬に対して異常に毛嫌いすることにもつながってしまいます。

 変に怖がらずに正しい知識を持って、正しい方法で確実に予防することが大切なことだと思います。
 それでも、日本という国は、まず第一に人間があって、犬や猫は「たかが動物」というような扱いをしているような気がします。

 今年3月に起こった大震災でも、人命救助で精一杯だとは思いますが、行政ももう少し動物の生命ということを考えて欲しかったです。
 ちなみに、チェルノブイリの時には、人間も動物も一緒に非難させていました。

 日本の行政の対応には、動物愛護団体や海外からも多くの要望が寄せられているようですが、今回の震災では『狂犬病予防法』も大きな足かせになっていたようです。
 日本が他の先進諸国に比べて動物愛護の面で大きく遅れているのは、この『狂犬病予防法』が大きな要素になっていると思います。

 ドイツでは、犬猫の殺処分ゼロ、処分施設もゼロです。

 

前へ(健康診断) 次へ(ガン 予防)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 動物愛護

動物愛護

保健所から

動物実験

動物愛護②

動物愛護③

ブリーダー破綻

動物取扱研修会

動物の保護

動物愛護管理法

日本と海外の違い

問題行動の責任

野良猫と地域猫

改正動物愛護法

野良猫への餌やり

地域猫

カテゴリー 日常

犬の幸せ

犬との生活

病気

胃液

夏対策

マルチーズ

仔犬

散歩

食糞

老・障害犬(猫)

出産

時間がない

安楽死

運動制限

美容室

ペットセラピー

飼い主のマナー

ウンコ

動物の供養

災害時の備え

日本と海外の違い

問題行動の責任

食欲

熱中症

21歳と18歳

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP