ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

耳のケア (2012/2/28)

 まっすぐに立った耳は、耳の中と外部の空気と湿気の適切な流れを作ります。
万一、水が耳の中に入っても空気の自由な流れのおかげで、適正な湿度まで下がります。
 そういった面から、犬の耳は頭からまっすぐに立つ形に進化してきました。

 それを人間の見た目の好みから、垂れ耳の犬種が多く作り出されました。
 更に、耳の中に毛が生えている犬種もいて、空気と湿度の流れができずに、耳の問題を起こすことが多くなっています。

 そんな場合に自宅でも出来る耳のケアの方法があります。

 まずは、"イヤークレンザー フラッシュ"か、"シュアリンプウ イヤークリーナー"を耳に直接入れて、耳の外からマッサージしてください。
 黒っぽい耳垢が多い時は、"イヤークレンザー フラッシュ"、黄色っぽい時は、"シュアリンプウ イヤークリーナー"というのが目安です。

 できれば、入れてから5分ほどは頭を振らさずに、そのままでいてください。
 5分ほどして頭を振らせば(耳に息をかければ振ります)クリーナーが耳垢と一緒に出てきますので、拭きとってください。

 それと、リンゴ酢も良いです。
10倍くらいに薄めたものを1日に2~3回、3滴ほど入れて、外からマッサージします。
 それを2日続けて1日休むというパターンで続けてください。
そうすれば、皮膚が酸性になり、色々な細菌がすみ難い環境になります。

 泳いだ後などでは、リンゴ酢の液で耳をいっぱいにしてマッサージすれば耳の中の水を出すことが出来ます。
 その後、耳を振らせてから、ティッシュや綿花などで軽く水分を取ってください。

 あと、耳掃除には綿棒は使わない方が良いです。
 耳の皮膚はとてもデリケートですので、引っかいて傷をつけてしまうこともありますし、耳垢を奥に押しやってしまうこともあります。
ティッシュや綿花を使ってください。
 綿棒を使う場合は、綿棒の先に綿花を巻きつけてフワフワにして使ってください。

 また、散歩などの時に注意しなくてはいけないのは、"エノコログサ"です。
猫じゃらしのような形の、よく見かける雑草です。
 これが耳の奥に入ってしまうと耳の中を傷つけてしまいますし、無理に取ろうとすると鼓膜を破ってしまうこともあります。
 散歩の時には、エノコログサには充分に注意してください。
万一、耳に入ってしまった場合は、自分で取らずに獣医さんで取ってもらってください。

 耳に毛が生える犬種の場合は、定期的に耳の毛を抜く必要があります。
一般的には美容室で耳掃除と一緒にしてもらうことが多いですが、自分でも出来ないことはありません。
 耳のパウダーを使って指で少しずつ抜いてください。
耳用のカンシなどを使っても良いと思います。

 ただ、耳の毛は、適量があるんです。
キレイに全部抜いてしまっては、耳の中で炎症を起こすこともあります。
 ワンちゃんの美容室でも、キレイに耳の毛を抜くことが多いですが、特に耳の悪い子は耳の毛の抜きすぎに注意してください。

 特に垂れ耳の子は、耳が悪くなることが多いので、よくチェックしておいてください。

 

前へ(猫のフィラリア症) 次へ(ビタミンC)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 身体のケア

口臭

耳のケア

歯のケア

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP