ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

改正動物愛護法について (2012/8/25)

 先日、民主党の環境部門会議で、生後56日以下の犬や猫の販売が禁止されることが決まったようです。
ペット業界からは生後45日、獣医さんなどの専門家は生後49日、欧米では生後56日、ということで議論されてきたようで、最終的には、5年後を目処に生後56日の規制ができそうです。

 そのことで何が変わるんでしょうか?

 「早い時期に母親から引き離すことで社会性が身につかずに、噛んだり吠えたりする問題があり、それが原因で飼いきれなくなって、殺処分されるのを防ぐため」ということですが、販売されている仔犬や仔猫に必要なのは、日数ではなく、正しい接し方です。

 本来の仔犬・仔猫は、3~4時間眠った後、まずお母さんのミルクを飲みます。その後、兄弟同士でじゃれあって、そしてまた眠ります。
 その繰り返しと、人間とも愛情を持って接することでペットとしての社会性と健全な心が身に付くんです。
 また、生後間もない子でも人間が愛情を持ってちゃんと飼育していけば問題のない子に育ちます。

 販売する日にちを延ばしても何も変わりません。

 大切なのは、生物学的な根拠ではなく、愛情と正しい知識を持って繁殖・販売することです。
「ドンドン産ませて、ドンドン売れば良い」という繁殖や、生体展示販売をを規制する法律でなければ意味がありません。

 法律だけでは、本当の動物愛護は難しいですね。

 

前へ(食欲) 次へ(フィラリア予防薬と病気)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 動物愛護

動物愛護

保健所から

動物実験

動物愛護②

動物愛護③

ブリーダー破綻

動物取扱研修会

動物の保護

動物愛護管理法

日本と海外の違い

問題行動の責任

野良猫と地域猫

改正動物愛護法

野良猫への餌やり

地域猫

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP