ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

下痢について (2013/8/9)

 健康な犬でも猫でも、下痢することはよくあります。
通常は毎日の食事の量を半分以下にすれば、1~2日で治まります。

 そうでない場合、まずは、何か変わったことがなかったかどうか考えてみてください。
例えば、『フードが変わった』、『いつもより多く食べた』、『おやつなど初めての食べ物を食べた』、『いつもと違う場所へ行った』、『散歩のコースや時間に変化があった』、『何かストレスになるものがあった』、などです。

 何か思い当たることがあれば、さほど心配しなくても一過性の下痢ですから、様子を見ていれば1~2日で治まります。

 次に、その子の様子をよく見てください。
『食欲はどうか』、『嘔吐などはないか』、『オシッコはちゃんと出ているか』、何よりも、『元気に過ごしているか』を確認してください。
 どれも問題なければ、特に深刻に考えなくても大丈夫です。

 犬や猫の下痢の原因で一番多いのは、食べ物に付着したカビや細菌に感染するケースです。
その場合、まず脱水を防ぐために充分に水分を摂ることが第一です。
 それと、食器は必ず、毎回よく洗ってください。

 できれば、胃腸の中を空っぽにするのが理想です。目安としては12時間です。
 その後、かぼちゃをドロドロになるまで煮込んで食べさせてみてください。
 かぼちゃは内臓を調整する繊維質を多く含んでいます。
また、鶏肉も良いです。お米と一緒に炊いて食べさせれば、身体に負担をかけずに便を固めることができます。

 通常は白米にはカロリー以外何の栄養もないですが、下痢を止めたい時には有効です。

 下痢に限らずですが、体調不良には必ず原因があります。
 また、身体を守るために下痢を起こしているんです。単純に下痢だけを止めるような治療では何も解決できていません。

 原因を突き止めて解決してあげてください。

 

前へ(猫の話) 次へ(熱中症)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 病気

病気

肥満

泌尿器系疾患

運動制限

痙攣発作

尿のPH値

下痢

心臓病の予防

てんかん発作と糖質

PHコントロール

便秘

シュウ酸カルシウム結石

進行性網膜萎縮症

口内炎

心臓病の食事

肝臓について

腎臓とタンパク質

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP