各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

熱中症について (2013/8/11)

 暑い日が続いてます
 犬や猫は人間のように全身で汗をかくことが出来ないので、体内に熱がこもりやすく、人間以上に熱中症になってしまう可能性が高いんです。

 犬は呼吸によってある程度の体温調節ができますが、外気温が高い場合は体温の調節をすることが出来ません。
 また、室内を冷房していて涼しい環境から散歩に出かけると、極端な温度差が熱中症の原因になることもあります。
 散歩は朝夕の涼しい時間帯に連れて行ってあげてください。
どうしても日中に行く場合はアスファルトの道路ではなく、木陰や芝生のところを選んでください。

 猫は元々は砂漠の動物だったことから犬よりは暑さに強いですが、呼吸で体温調節することはほとんどありません。
 そのために、猫がハアハアと呼吸している時はかなり危険な状況だということは知っておいてください。

 また、犬も猫も高齢になってくると体温調節が苦手になってくるので、特に注意してあげてください。

 

前へ(下痢) 次へ(心臓病 予防)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 日常

犬の幸せ

犬との生活

病気

胃液

夏対策

マルチーズ

仔犬

散歩

食糞

老・障害犬(猫)

出産

時間がない

安楽死

運動制限

美容室

ペットセラピー

飼い主のマナー

ウンコ

動物の供養

災害時の備え

日本と海外の違い

問題行動の責任

食欲

熱中症

21歳と18歳

食欲について②

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

HAC和歌山
QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日
  第2木曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

↑ PAGE TOP