ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

アレルギーについて ⑨ リノール酸

 人間の皮膚病の食事療法で注目されているのが、必須脂肪酸のαリノレン酸です。
当ショップでも皮膚の問題のある子には、まずは主食の改善とαリノレン酸を多く含んでいるフラックスシードを与えることをアドバイスさせて頂いています。
 必須脂肪酸については、『アレルギーについて』にも書いていますので、クリックしてみてください。

 リノール酸は体内のアレルギー反応を抑制する成分の分泌を阻害しますので、皮膚の問題の解決には、αリノレン酸を多く摂ること、リノール酸をできるだけ摂らないことが基本です。
ただ、皮膚の状態があまりにもひどい時は、まずは皮膚の状態を整える必要があります。
 その場合、本来アレルギーの子には多く与えたくないリノール酸ですが、リノール酸は皮膚バリアの主成分にもなりますので、皮膚の状態が酷い時は充分に摂り入れてみてください。
 リノール酸を多く含んでいるのは、『紅花油』や『ゴマ油』などです。

 そうして、皮膚の状態がある程度整ってくれば、今度はリノール酸をできる限り摂らないように対応を切り替えます。
 このタイミングを上手く見極めれば、長期間ステロイドなどを使用していない子なら、比較的早い時期に皮膚疾患の改善ができます。

 あとは、いつも言っていることですが、楽しい気持ちで緊張する場面を多く作ってあげること、充分な散歩と運動、充分に水分を摂って、オシッコは我慢せずにドンドンできるようにしてあげてください。

 皮膚の問題で長期間改善できないのは、色々な要素が複雑に絡み合っていることが多く、ひとつの要素を考えるだけでは解決はできません。

 特に症状を抑えるだけの治療は避けてください。
一時的には治まったとしても、必ず今の症状よりも酷くなります。

 

前へ(高齢の子) 次へ(プラセボ効果)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー アレルギー

アレルギー

フード

必須脂肪酸

原因

生活習慣病

肝臓機能

ステロイド剤

アトピー性皮膚炎

フィラリア予防薬

リノール酸

指間皮膚炎

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP