ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

心臓病の犬・猫の食事 (2015/12/23)

 心臓が悪い子にも食事はとても大切です。
一般的には塩分制限や水分制限などが言われますが、正しく言えば、「水分や塩分を体内に溜めるのが良くない」ということです。
腎臓に深刻な問題がなければ、ちゃんとオシッコしていれば、塩分や水分は特に気にしなくても大丈夫です。
むしろ、塩分制限することによって、身体が塩分が足りないと判断して塩分を使わずに溜めようとしてしまい、そうすると塩分も水分も体内に溜まってしまうことになります。
 療法食は塩分を極端に制限していますので、それが原因で塩分滞留や水分滞留を起こし、腎臓に大きな負担のある利尿剤を飲ませなければならなくなってしまうんです。
塩分は強いて与えようとする必要はないですが、制限しなくても大丈夫です。

 心臓の悪い子には療法食などの特別な物ではなく、身体に負担のない自然な食事を心がけてあげてください。
手作り食なら、新鮮なお肉や魚と新鮮な野菜を、犬の場合は、1:1くらいの割合で、猫なら、2:1くらいの割合で作り、それに豆腐や納豆、おからなどの発酵食品と、シイタケやキクラゲなどのキノコ類、海藻類なども混ぜてあげてください。
色々な食材を使えば、その中で取捨選択が出来るようになりますので、栄養バランスは自然に整ってきますし、健康な子でも何かの疾患のある子でも、どんな子にも良いです。
ペットフードを与える場合でも、上記のような食材のトッピングはしてあげてください。

 あとは、負担にならない程度の毎日の散歩や運動に、オシッコは我慢させずにドンドンできるようにしてあげてください。

 心臓が悪い子でも、健康な子が健康に過ごすための食事を与えてあげれば良いです。
それに加えて、血圧を上げずに血液の循環を高める作用のある、『ハーブ・パウダー循環器系』フラックスシードチアシードなどがおすすめです。

 

前へ(口内炎) 次へ(添加物)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 病気

病気

肥満

泌尿器系疾患

運動制限

痙攣発作

尿のPH値

下痢

心臓病の予防

てんかん発作と糖質

PHコントロール

便秘

シュウ酸カルシウム結石

進行性網膜萎縮症

口内炎

心臓病の食事

肝臓について

腎臓とタンパク質

カテゴリー 食事・サプリメント

サプリメント

食事

フードの保存

処方食

長寿食

ウンコ

サプリメント②

フードの効能

添加物

猫の食事

ビタミンC

食欲

おやつ

高齢の犬猫の食事

ビタミン・ミネラル

フラックスシード

心臓病の食事

カラギーナン

骨型牛皮ガム

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP