ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

肝臓について(2016/03/20)

 獣医さんで血液検査をした時、「肝数値が高い」ということで、専用の処方食や薬を処方されることがあります。
 肝臓の数値には、GPT(ALT)とGOT(AST)の2種類があり、肝臓が本当に損傷を受けた場合は、その両方の数値が高くなります。
GPTだけが高い場合は一時的なことも多く、様子を見ていても良いと思います。
薬を使った後やワクチン接種、フィラリア予防薬などやジャーキーなどを食べすぎたときも一時的に数値が上がることがありますので、深刻に考えなくても大丈夫です。

 それでも念のために、肝臓を保護する作用のある食材を多めに食べさせてあげれば良いと思います。
豆腐やおから、納豆などの発酵食品や緑黄色野菜、ハーブでは、フラックスシード・パウダーハーブ・パウダー皮膚疾患・排毒などがお勧めです。
肝臓が悪い子にも使ってあげてほしい食材とハーブです。

 一つ注意してほしいのは、一般的に肝臓に良いと言われている、レバーやシジミ、ほうれん草などの食材です。
健康な子が肝臓病などの予防のために与えるのは良いですが、肝臓が損傷を受けている場合や弱くなっている場合は、含有の鉄分が肝臓に溜まってしまいかえって肝臓を傷めることになってしまいます。
以前の常識が間違っていたことの典型です。

 その反対にあるのがハーブチンキのエクレクティック・マリアアザミで、損傷を受けた肝臓を修復する働きがありますが、健康な子に使った場合は肝臓にダメージを与えることがあります。
肝臓の問題は間違った常識が多いので、正しい知識を持って対応してあげることが重要です。

 少なくともGPDの数値だけが高い場合はすぐに治療しなくても大丈夫です。
まずは食材を工夫してあげることで様子を見てください。

 

前へ(添加物について) 次へ(地域猫)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 病気

病気

肥満

泌尿器系疾患

運動制限

痙攣発作

尿のPH値

下痢

心臓病の予防

てんかん発作と糖質

PHコントロール

便秘

シュウ酸カルシウム結石

進行性網膜萎縮症

口内炎

心臓病の食事

肝臓について

腎臓とタンパク質

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP