各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

グレインフリーのフードについて(2020/6/5)

 数年ほど前から「グレインフリー(穀類を含んでいないフード)」が評判になっているようです。
その理由として穀類は、「犬や猫本来の食事ではない(穀類を食べない)」、「アレルギーを起こしやすい」ということです。

 ですが、犬や猫は肉食ですが草食動物の胃袋も食べますので間接的に穀類を食べていることになります。
穀類を食べないということにはなりません。

 穀類の中で小麦などはグルテンを含んでいますのでアレルゲンになりやすいですが、玄米や大麦などはグルテンを含んでいませんのでアレルギーを起こしやすいということはありません。
それどころか、玄米や大麦はビタミン・ミネラルに良質の食物繊維も含んでいますので腸内環境を整えるのに適しています。
グレインフリーのフードに含まれていることの多い豆類などよりもはるかに健康のために良い食材です。

 グレインフリーが特別に優れているということも悪いということもないです。
グレインフリーかどうかは関係なく食材の質とバランスを見てフードを選んでください。

 

前へ(スーパーフード)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 食事・サプリメント

サプリメント

食事

フードの保存

処方食

長寿食

ウンコ

サプリメント②

フードの効能

添加物

猫の食事

ビタミンC

食欲

おやつ

高齢の犬猫の食事

ビタミン・ミネラル

フラックスシード

心臓病の食事

カラギーナン

骨型牛皮ガム

植物の力

手作り食

スーパーフード

グレインフリー

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

HAC和歌山
QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日
  第2木曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP